理事長あいさつ|学校概要

理事長あいさつ

新たな10年のスタート。なお一層の「啓陽」らしさを。

理事長 荻原利江

平成29年4月6日、192名の新1年生を迎えて第12回入学式を行い、新年度がスタートしました。毎年、入学式で私は、本学園の歴史を紹介し、新入生にその一員となる自覚を促します。

大正13年、荻原閑(おぎはらしずか)先生かが創立した本学園は、今年で93年の長い校歴を有し、専門教育に裏打ちされた確かな実績と伝統のもとに浜松啓陽高等学校はあります。

その歴史を振り返りながら思うことは、創設者の学園創設への熱い志と、様々な時代の荒波の中で、その志を継承して今日に続けた先人のひた向きな努力の尊さです。関東大震災、太平洋戦争、高度成長、ベビーブーム、バブル崩壊、少子化など、学園を取り巻く環境の変化は、容赦のない常に厳しいものでした。

しかし、いつ如何なる時にあっても、「商業の専門知識、技能と人格の陶冶を以って、社会に役立つ人を育てる」という建学理念と、それを支える「誠実、忍耐、研鑽」の校訓は、一貫して様々な厳しさや困難を貫くものでありました。そして、現在は、それが県西部唯一の私立商業専門高校として、質高い専門教育と人間教育を推進する力となり、一人ひとりを大切に育てる、きめ細かな指導の形となっています。また、穏やかで落ち着きのある校風と、明るく礼儀正しい生徒の姿は、地域の方々からも温かい評価をいただいております。

本校に学ぶ生徒たちが、自己の在り方や生き方を考え、自己実現を目指して切磋琢磨する中、本校で習得する知識、技能、資格の数々が、確かな自信や生きる力となって、それぞれの未来を明るく輝かせてくれるものと確信しております。

そして、「啓陽らしい」人づくりの伝統を継承、発展させるとともに、時代の要請に応じる新たな取組により、21世紀を担う、社会貢献の気概を持った若者を育ててまいります。

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434