お知らせ

ちょっと…絶対ダメ!、ダメ!!、ダメ!!! ー薬学講座ー

[お知らせ] 2017/04/25

4月25日(火)、学校薬剤師の袴田和弘さん(三幸町袴田薬局店主)と細江警察署スクールサポーターの竹本五三さんを講師に薬学講座を行いました。

〈はじめの言葉/校長〉
4月には色々な学校行事があった。学校行事には、それぞれ狙いがある。この薬学講座の狙いを一言でいえば、「3I(スリーアイ)」だ。その1つは、「命」の「I」。2つ目は、「一生」の「I」。最後の「I」は「意志」の「I」だ。これは、同じ「安心・安全」がテーマでも、防災訓練や交通安全教室とは違って、本講座で一番留意したいところだ。
「意志」とは、「困難や反対があっても、最後までやり抜こう。絶対にやらない」などという積極的な気持ちだ。
「命」と「一生」は防災や交通と共通するが、3つ目に挙げた「意志」の部分は、まさに「薬物」から自分の身体を守るという点で最重要ポイントだ。今日は、その「意志」の、「3I」の「I」に気を留めながら学ぼう。

講話の前半では、
1.セルフメディケーションとは、自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てをする
2.市販の医薬品の中にもドーピング対象となる成分が含まれた薬がある
3.タバコの煙には、多くの有害物質が含まれている
4.アルコールは、飲む量によって身体に害がある
5.薬物乱用の脳に与える影響と依存の怖さ
 

について話がありました。
後半は、危険ドラッグから大麻の使用に至るまでの様子をドラマ化したDVDを視聴し、1.ちょっとだけ、一度だけも絶対にダメ、2.一度でも使用すれば、一生を破滅に追い込んでしまう、3.人間を人間でなくしてしまう恐ろしいものだなどという話に聴き入りました。
事後アンケートには、「薬物の危険を再認識し、危険ドラッグや覚せい剤には絶対に手を染めないようにしようと強く思いました。」とか、「薬の危険性が、改めてよくわかった。怖い。」などという感想がありました。
 

2017yakugaku1.jpg 2017yakugaku2.jpg
2017yakugaku3.jpg 2017yakugaku4.jpg

 

前の記事  お知らせ一覧  次の記事

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434