お知らせ

瞬時に加害者にも、被害者にも ー情報セキュリティー

[お知らせ] 2017/05/01

5月1日(月)「情報セキュリティ講座」を行いました。
携帯電話、スマートフォン、パソコンなど、情報機器を使用する際の危険性や間違った使い方による事件や事故について、実例を交えながら地元細江警察署(生活安全課)の鈴木健嗣様から話していただきました。
DVD『情報セキュリティ対策』を視聴し、「STOP TO THINK!〜止まって考えよう〜」を合言葉に、第一部では無差別ロックオン〜ランサムウェアの恐怖〜。第二部は、心に潜んでいた…悪意。第三部では、安心安全なインターネット活用術〜基本編〜について学びました。



〈生徒の感想〉
・ランサムウェアは、勉強して知っていたが実際どのような事件につながるのかがよくわかりました。企業向けのウィルスだと思っていましたが、個人を狙ったものがあると知り改めて恐ろしいと感じました。(3年生)
・SNSへの投稿については、面と向かって言えないようなことでも軽い気持ちで書き込んでしまい、後で辛い思いをしたりすることがあります。一度書き込んでしまうと取り返しのつかないことになってしまうので、ビデオにあったように、書き込む前にいったん立ち止まって考えたいと思います。(2年生)
・自ら情報を拡散してしまう可能性もあるので、気を付けていきたいと思います。使い方のルールやマナーについては、家の人と相談して、安心して使えるようにしたいです。(1年生)
 

講演の最後に、生徒会長の増谷航希君が、「普段当たり前のように使っているスマートフォン、自分たちもいつ被害者や加害者になるかわかりません、そうならないために気を付けていきたいです。」と、お礼の挨拶をしました。

今回の講座では、保護者の方の参加もあり、情報セキュリティへの関心の深さも感じられました。フィッシング詐欺やコンピュータウィルス被害など、他人事ではありません。子どもだけでは判断できないことも多々あるので、普段から家庭でも、その危険性について関心を高めていく機会を得ていきたいものです。

2017sc1.jpg 2017sc2.jpg
2017sc3.jpg 2017sc4.jpg
2017sc5.jpg 2017sc6.jpg

 

 

前の記事  お知らせ一覧  次の記事

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434