お知らせ

夢を目標に変える −大先輩に学ぶ−

[お知らせ] 2017/06/17

6月17日(土)、前身校の卒業生で、(株)ボディショップヤマダの代表取締役である山田博幸さんを講師に、7月1日(土)からの求人解禁を控えた3年生を対象にした「職業意識啓発講座」を開きました。
講話は、浜松経理専門学校入学までの生い立ちに始まり、その後の学校生活、ヤマハ発動機に就職してボディショップヤマダを起業するまでの経緯を、熱く、本音で語っていただきました。
35歳で独立して法人を設立する夢、家庭を持って家を持つ夢など、「夢を目標に変えていく」大切さがストレートに伝わる体験談に、生徒はすっかり魅了され、1 視野を広げること、2 素直な心で謙虚に励むこと、3 個性が自らの可能性を広げることなど、進路決定を前にたくさんのことを学びました。
最後の質疑応答では、生徒から幾つも手が挙がり、山田さんとともに「夢」について意見交換する姿もあって、とても内容の濃い、素敵な時間になりました。また、この講座は、質問生徒からあった、将来、飲食店を開きたい、代々続く稼業を継ぎたい、趣味を生かした暮らしをしたいなど、自分の「夢」と関連付けた考えを聞きながら、3年生全員が、それぞれの「進路」に向けた「その気」の「質」とその「確かさ」が問われるものとなりました。

 

〈生徒の感想から〉

・すごく年上の先輩でしたが、だからこそ人生の色々な経験談を聞くことができてとてもよかったです。
・山田さんの話にとても惹きつけられて、生き方がかっこいいなと思いました。家に帰って、両親と就職の話をして、また少し将来のことを考えられたのでとてもよい機会になりました。
・「夢は口に出すとよい」という話が、心に残っています。私も、夢を自分の目標にし、目標に向かって頑張ります。
・山田さんは、話の中で、素直さと謙虚な心は幾つになっても大事にすべきだとおっしゃっていました。進路を決めていく中でも、進路が決まった後でも心掛けていきたいです。
・山田さんは、人間には素直さが大切と教えてくださいました。これは啓陽高校の校訓の「誠実」と同じだと思いました。

 

2017keihatu1.jpg 2017keihatu2.jpg
2017keihatu3.jpg

2017keihatu4.jpg

 


 

前の記事  お知らせ一覧  次の記事

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434