お知らせ

つないでください、命のリレー ー学校保健委員会ー

[お知らせ] 2017/09/16

9月16日(土)、浜松市北消防署曳馬野出張所の消防士の方々を講師に、「心肺蘇生法・AED講習会」を開きました。

PTA副会長の西田美紀子さんはじめ、保健委員会や部活動の中から代表生徒20人、教員23人が参加し、「もしもの時に尊い命を守ることができるよう、心肺蘇生法、AED使用法の習得、及び救急車到着までの応急手当の知識と技術を身に付ける」を目的に、体験講習を受けました。

当日、実施間際に緊急出動の要請があったため、講習は、30分遅れての開始となりましたが、8人もの消防士が担当くださり、「もし目の前で人が倒れていたら、どうすればよいのか。救急車が到着するまでにできることは何か」など、応急手当の重要性について説明し、心肺蘇生の方法を講じました。

その後、参加者は、4班に分かれ、ダミー人形を使った模擬体験をしました。(1)倒れている人の発見、(2)周辺の状況や(3)意識の有無を確認した後、協力者を求めて、(4)119番通報と(5)AEDの依頼、(6)呼吸の有無の確認、(7)胸部圧迫の始、AED到着後、音声ガイドに従って(8)電気ショックを実施するところまで、各班の全員が交替しながら行いました。また、体験後には問のあった傷病者発見後の運び方などについても丁寧に教えていただきました。

 

 講演後、PTAの西田さんや女子生徒から、「AED体験は初めてだったので、体験できてよかった。胸部圧迫は、女性には少し大変だった。大きな声を出すには勇気がいる。時々やってみたほうがいい。」などの感想がありました。

また、講師の方からは、「実際の現場では、緊張やテレがあって、その場に必な大きな声が出ない時がある。普段から声を出し、実際にやってみる訓練が大事です。」という話がありました。

aed1.jpg aed2.jpg
aed3.jpg aed4.jpg
aed5.jpg aed6.jpg

 

 

前の記事  お知らせ一覧  次の記事

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434