お知らせ

色トリドリに個性を発揮−松風祭1日目−

[お知らせ] 2017/10/28

10月28日(土)、第8回松風祭(校内発表)を開催。テーマは「色彩」
1日目は、校内発表。実行委員長の黒木 健君の挨拶に始まり、書道部の「書道パフォーマンス」、吹奏楽、演劇、プレコン発表を行いました。「プレコン」とは、「プレゼンテーションコンペティション」の略称で、各クラス展示の内容を制限時間内にプレゼンし、その優劣を競うもの。上位3クラスが、2日目の本選(決勝)へ。3年生の出来が良いのは毎年のことですが、今年は下級生の中にも見応えのあるものが多く、会場は大盛り上がりで、一気に文化祭モードに。
文化部も、全校生徒に日頃の成果を発表できるとあって、質の高い創作や発表で、啓陽生から大きな拍手を浴びました。台風22号の接近が心配されましたが、午後は各店舗での販売活動を中心に、今年も「啓陽スタイル」の文化祭を華やかに展開しました。

 

〈松風祭実行委員長の挨拶から〉
実行委員長の黒木です。
松風祭は2日間ありますが、初日は、生徒中心です。演劇部や吹奏楽部の発表を始め、各クラスの模擬店も午後から営業開始です。全力で取り組んでいきましょう。
明日2日目は、一般のお客様が文化祭にお出でになります。お客様に最高のサービスが提供
できるように、「啓陽スタイル」を大切にすることはもちろんですが、今年度のテーマ「色
彩」に込められた「生徒一人ひとりの個性を活かす」ことを忘れず、文化祭全体を盛り上げ
ていきましょう。
 

〈校長挨拶から〉
啓陽文化の「香り」を問おう。
秋色一色。
啓陽の「文化」を創ろうと努め、問うて8回目を迎えた。
合言葉はいつもどおりで、「啓陽スタイル」。今年のテーマは、「色彩」ということだ。今年もたくさんの方々のご来校いただく。感謝に堪えない。
さて、「文化の香り」と表現することがある。「文化」に「香り」とは、何とも素敵な表現だ。嗅覚には、「匂い」もあるが、殊、「文化」については、その中身とするところに、それとは明確な違いがあろう。
何とも言えない品のよさ、見えにくいがどこか奥深いもの、にじみ出てくるような重くて力があることなど…。
この松風祭では、高校生らしい清新な爽やかさ、溌剌とした躍動感、豊かな想像力、そして、販売物品に係るプレゼン、ディスプレイ、接客マナーなど、「商業」を学んで得た事柄の「質」の高さが、「香り」と評するに相応しい条件となろう。
今年は、学校全体では、1、2年生のにぎわい創出・社会貢献を趣旨としたものに加え、3年生のフードコートでは、幾らか「儲け」を意識した企画にしたと聞く。大いに結構。是非とも、お客様には、大きなご満足いただこうじゃないか。そして、今日も、その啓陽らしいところを知っていただく、絶好の機会にしようじゃないか。
 

2017syofusai1.jpg
2017syofusai2.jpg 2017syofusai3.jpg
2017syofusai4.jpg 2017syofusai5.jpg
2017syofusai6.jpg 2017syofusai7.jpg
2017syofusai8.jpg 2017syofusai9.jpg

 

前の記事  お知らせ一覧  次の記事

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434