お知らせ

ウチナーを満喫 〜2学年修学旅行〜

[お知らせ] 2017/12/07

12月3日(日)〜6日(水)、3泊4日の日程で、2年生の修学旅行がありました。

〈1日目〉

早朝6時、期待に胸を膨らませ学校に集合、セントレアへ。
飛行機に乗るのは、初めての生徒がほとんどで、手荷物検査にもドキドキの様子。
沖縄に到着して、まずは昼食。首里天楼別邸で沖縄料理を堪能。
小雨の首里城公園でしたが、歴史情緒に浸りながらの散策研修。

○私たちが知っている城郭とは違って、首里城を見て、異国に来たような感じがしました。空港に着いても、沖縄に来たという実感がなくていましたが、一気に「ここは沖縄!」という気分になりました。沖縄料理も初めてで、今日から4日間、色々楽しめそうです。(生徒「研修日記」から)

夕食後は、島唄ライブ。沖縄民謡、抒情歌…。ラストは歌に合わせて手拍子をしたり踊ったりして、会場は大盛り上がり。その後は、国際通りでの班別研修でした。

2017okinawa1.jpg 2017okinawa12.jpg
2017okinawa20.jpg 2017okinawa21.jpg

 

〈2日目〉

生憎の小雨。スタートは、「平和祈念公園」で平和学習。「平和の礎」を前にガイドさんから説明を受けた後、10歳の時に沖縄戦を経験した玉木利枝子さんの講話を聞きました。

○事前学習で見た映画「月桃の花」と重なる部分があって、戦争のむごたらしさを実感しました。玉木先生の講話はとても短く感じました。平和な時代に生まれたことを感謝し、この平和がずっと続くよう願わずにはいられませんでした。(生徒「研修日記」から)

2017okinawa22.jpg 2017okinawa23.jpg
2017okinawa24.jpg 2017okinawa25.jpg


午後は、楽しみにしていた「美ら海水族館」。
これが有名なシンベイザメ君か。イルカのショー。「南の海」を横から、下から楽しみました。
 

2017okinawa26.jpg 2017okinawa2.jpg

 

〈3日目〉

ヤッター。待ちに待った沖縄の太陽。午前中はビオスの丘へ…。
クラスごとに遊覧船に乗り。まさに「ウチナーボーイ」そのもののガイドさんの軽妙な語り口に、船上いっぱいの笑い声。
 

○「ビオスの丘」では、沖縄の植物や動物をたくさん見ました。色、艶、生き生きとした感じなど、静岡では見られない特徴があり、驚くことばかりでした。水牛、ヤギ、アグー豚にも迎えられ、アクティブな時間を過ごしました。(生徒「研修日記」から)

2017okinawa3.jpg 2017okinawa4.jpg
2017okinawa5.jpg 2017okinawa6.jpg

 

午後は、「むら咲きむら」で班ごとに体験ブースに移動。さとうきび収穫体験やアクセサリーづくり、エコサイクリングなど、色々な創作、体験活動をしました。
夕方、ホテル到着後は、プライベートビーチでの散策。
風があって少し肌寒く感じましたが、南国の海を渡って吹く風、白い砂浜。沈む夕日にポーズを取って…。
 

2017okinawa7.jpg 2017okinawa8.jpg
2017okinawa9.jpg 2017okinawa10.jpg
2017okinawa11.jpg 2017okinawa13.jpg
2017okinawa14.jpg 2017okinawa15.jpg

 

〈最終日〉

最終日は、4日間で一番の晴天となり、万座毛では、ザ沖縄の空と海。沖縄ワールドでは、玉泉洞で地球の「神秘」に驚き、迫力あるエイサーを鑑賞して、修学旅行を結びました。

○玉泉洞は思ったよりも暖かく、内部も神秘的で不思議な気分になりました。スーパーエイサーは躍動感があり、感動しました。(生徒「研修日記」から)

 

2017okinawa16.jpg 2017okinawa17.jpg
2017okinawa18.jpg 2017okinawa19.jpg

 

沖縄の自然、文化、歴史、そして「平和」について知ることと考えること…、修学旅行ならではの思い出がたくさんできました。
また、挨拶、ホテルマナーなど、今年も色々な場所でたくさんの方々に褒めていただきました。
ありがとう。OKINAWA!!
 

前の記事  お知らせ一覧  次の記事

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434