お知らせ

さぁ、今日から2学期! -始業式・表彰式・壮行会-

[お知らせ] 2018/09/03

9月3日(月)、2学期の始業式がありました。大変厳しい暑さ続きの夏休みでしたが、大きな事故もなく、45日振りに啓陽生が元気な顔を合わせました。引き続いて表彰式と、8日(土)、静岡産業大学で開催される県商業科実務競技会に参加する代表生徒の壮行会を行いました。
〈校長式辞から〉
猛暑、炎暑の夏。その中で啓陽生と同じ高校生や同世代の若者が、爽やかな感動を与えたり、その優しさや温かさを教えてくれるニュースにたくさん出会った。夏の甲子園、アジア大会、広島豪雨の高校生ボランティア…。その度ごとに、炎天のグランドや体育館で汗を流す本校の運動部員や、「進路」に向けて頑張っている3年生、また、家計を助けたいとアルバイトに出ている啓陽生の姿を自然が、それと重なった。
本校の軟式野球部が東海大会で活躍した。夏の日差しを一杯に集めた炎天のグラウンドで、相手は、三重県1位代表の三重高校。結果こそ負けはしたが、随所に賞賛に値するプレーがあり、持ち味のグラウンドマナーも立派だった。
試合後、声をしゃくり上げ、肩を震わせて涙する姿に強く胸を打たれた。「よくやった。胸を張れ。」と、そう思った。そして、厳しい練習に耐えてチームメイトと白球を追った日々の価値はとても重く、これから決して色褪せることなく、輝いて見える時がたくさんあるはずだと思った。
至極当然の話をしよう。今現在、2学期が始まって約60分が経った。この「時間」は、二度と取り戻せない。金のように人から借りることも、人に貸すこともできない。また、貯めることもまとめて使うことも、早送りしてみることもできない。
私たちは、その「時間」に「過去」、「現在」、「未来」という言葉をくっつけて、何らかの思いを表したりする。例えば、過去を振り返って後悔する。あるいは、過去にあった出来事や人に感謝する。あるいはまた、未来を想像してワクワクする。また、不安に思ってドキドキしたりするという具合だ。こうしたことは、他の動物はやらない。
その「過去」と「未来」は、直接、繋がってはいない。その間にちゃんと「現在」があって、「過去」と「未来」が繋がれている。「昨日の自分」は、「今日の自分」に繋がり、「今日の自分」は「明日」であり、「一週間後」であり、また「一か月後」、「一年後」、そして、「未来」の自分に繋がっているということだ。
大切なことは、もし明るく楽しくて、気持ちのよい「明日」や「これから」を望むのなら、それに続く「今」を、明るく楽しくて、気持ちのよいものにしなければならないということだ。
新学期を迎えた啓陽生の中には、「この夏休みは、どうも良いことは少なくて、ちょっと後悔している」と反省している人がいても、今日から、この「今」を大事にして、それを明るく楽しくて、気持ちのよいものにしようとすれば、それに相応しい「これから」が繋がって来るに違いない。
具体的にどうするかは、人それぞれだ。一つ例を挙げれば、1学期までの自分よりも、一段とよい挨拶をしてみるのはどうか。今までよりも前向きに動いてみるのもよい。自分のよりよい「これから」に向かって、「今」とか「現在」という時間の下で、明るく、前向きに全力投球するということだ。
そう考えると、この新学期のスタートは、気持ちの切り替えをして、「これから」を作り上げていく、絶好のチャンスとなろう。1年生は、始めての高校生活と検定試験。2年生は、勉強と部活動の両立。3年生はそれぞれの進路実現へと、大切な「今」でこそできる、各自の全力投球をしてみよう。啓陽生の頑張りに期待する。


表彰式では、日本情報処理検定協会が主催した各種検定1級合格や、同5種目に1級合格
した生徒3人他を表彰しました。
壮行会では、簿記、電卓、情報処理等、各競技に出場する25名の選手がステージに登壇し、
各部活動の顧問から大会説明と大会説明と選手紹介等がありました。
〈理事長、壮行の言葉から〉
   県商業科実務競技会は、商業を学ぶ全生徒の大会で東海大会、全国大会に繋がる。本校からは、6部門25人の生徒と商業デザイン部門から10人10作品の参加となる。昨年度は、今年3月に卒業した槁本さんが、商業デザイン部門で優秀な成績を収め、その作品はそのまま商品化できるという評価までいただいた。
この大会は、部活動の枠を超え、商業高校の代表として競い合う、もう一つの甲子園とも言われている。勿論、スポーツを頑張ることも重要であるが、自分が、日頃学校で学んでいる内容が、「大会」で問われることになり、普通科にはない勉強の機会を与えられている。壇上の生徒以外は、この2学期は商業科の各種検定にチャレンジしてほしいと思う。  
選手には、日頃の成果が、自信を持って100%発揮できるよう、最終仕上げをして
ほしい。

〈藤田航輝生徒会長、壮行の言葉から〉
  夏休み中、毎日練習、お疲れ様です。大会では、日頃の練習の成果を発揮し、東海大会出場を目指して頑張ってください。特に3年生は、高校生活最後の大会となります。悔いの残らないようにしてください。

〈選手代表、山内大輝(情報処理部)の挨拶から〉
  本日は、ありがとうございます。本番では、今までにない緊張やプレッシャーを感じることがあると思いますが、それに屈しないで頑張ってきます。応援、よろしくお願いします。

resize0552.jpg resize0553.jpg
resize0554.jpg resize0555.jpg
resize0556.jpg resize0557.jpg
resize0558.jpg resize0559.jpg

 

前の記事  お知らせ一覧  次の記事

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434