お知らせ

入社前にしておくこと ー卒業生と語る会ー

[お知らせ] 2019/01/26

1月26日(土)、3年生が「卒業生と語る会」を行いました。
就職や進学を控え、入社などする前に必要な準備や心構えをしておくために、この時期に先輩ならではのアドバイスをお願いしました。いずれの先輩も、昨年度の卒業生です。

〈講師をお願いした4人の卒業生〉
柴田 凱さん(エンケイホイールコーポレーション)
徳長香菜子さん(石垣内科医院)
早澤優花さん(浜名梱包輸送)
柘植翔太さん(古山精機)


最初に簡単な自己紹介をお願いし、その後は3年生からの質問に答えていただくという形で進め、終始、和やかな雰囲気で行われました。
〈以下は、その一部〉

Q1 入社前までにしておかなければならないことは?
A ・必ず自動車の運転免許を取得しておくこと。それがないと仕事の範囲が狭まり、周りに迷惑がかかる。 
・もう一度パンフレットや会社案内をよく読んで、どんな仕事をするのかを掴んでおくこと。仕事に合った気持ちをきちんと作っておくことが重要。
Q2 入社前、この時期の不安は?
・これからどんな事が待っているのか…。次に起こることがわからなくて…。
・周りの人にできて、自分ができなかったらどうしよう…。
・そうした不安の解消の一つとして、大きな声で、笑顔で挨拶できる自分を作っておくこと。
Q3 社会人と高校時代、どちらが楽しかった?
・見方次第で、どちらも楽しかった。
・今からもう一度学校の勉強がしたいと思うことがある。
・簿記、数学、工業や農業の勉強にも興味がわいている。
  〈生徒の感想〉
・本当に参考になりました。入社まで残り少ない時間を有効に使います。
・よく知っている先輩だったので、親しみをもって聞きました。本音が聞けて、とても役立ちました。
・社会人と高校生の違いが実感できました。緊張した気分になりました。
・身なりやコミュニケーション力が大事だと実感した。残り少なくなったが、できるところから改善していきたい。
・入社してからとか、社会人になってからというのではなく、「今」すべきことがたくさんあることが分かりました。
・不安だったことに関して、先輩から答えがもらえ、少し不安が和らぎました。就職前の講話と違った気持ちで先輩の話を聞くことができました。

新卒者の就職については、所謂「7・5・3問題」として、3年以内離職する高校生は、依然として2人に1人という数にも上るということです。この会で学んだことが、啓陽高3年生の就職前の「準備」に留まることなく、4月以降の「職業生活」にも大いに役立ってほしいところです。

 

2019n-1.jpg 2019n-2.jpg
2019n-3.jpg 2019n-4.jpg
2019-n-5.jpg 2019n-6.jpg

 

前の記事  お知らせ一覧  次の記事

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434