お知らせ

今、みんなの献血が必要な理由 −献血セミナー−

[お知らせ] 2019/05/18

5月18日(土)、7月10日(水)に行われる献血に向けて、昨年同様、静岡岡県赤十字献血センター浜松事業所の堅田剛充さんを講師に「献血セミナー」を行いました。
医療に欠かすことのできない血液は、人工的に造り出せず、絶えず誰かの「献血」が必要です。今日、献血で命を救うのは、あなたかもしれない…。

視聴したDVD『ありがとう!って いっぱい言わせて』は、末期の小児がんのため4歳で亡くなった幼児の闘病生活や、血液の必要性を訴えたドキュメンタリーでした。目頭を押さえながら視ている生徒も、何人かいました。
また、高校生の時に白血病になり、その壮絶な治療の体験と輸血への感謝を語った青年の映像では、献血で救える命があることを知りました。

今、みんなの献血が必要な理由?
それは、少子高齢化社会を迎える中で、輸血用血液の使用量が増える一方で、若年層献血者は減っているというのが実態で、今後の医療を支えるのは「みんな」の世代をおいて他にないからです。
なお、7月10日(水)午後 浜松啓陽高校に献血車がやって来ます。
 

2019kenketuse1.jpg 2019kenketuse2.jpg
2019kenketuse3.jpg 2019kenketuse4.jpg

 

 

前の記事  お知らせ一覧  次の記事

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434