お知らせ

これって恋愛? ー人権・健康教育講座ー

[お知らせ] 2019/06/17

6月17日(月)、静岡県の男女共同参画課から、松林三樹夫様を講師に派遣していただき、「デートDVを防ぐために〜対等な関係を目指して」と題するセミナーを行いました。
デートDVとは、交際中の恋人間で起こる暴力のことで、殴ったり蹴ったりなどの「身体的暴力」だけが暴力ではなく、束縛などの「精神的暴力」、金銭等を要求するなどの「経済的暴力」、性行為を強要するなどの「性的暴力」があるということや、現在及び将来にわたり、DVの加害者にも被害者にもならないために、その知識や対処方法について教えていただきました。
好きな相手といつも一緒にいたい。好きな相手のことをすべて知りたいと思うのは恋愛の中では自然なことかもしれないけれど、相手の行動を監視したり制限したりする、彼氏彼女を自分の思い通りにするのは束縛という支配です。本当に愛しているなら相手の気持ちを大切にできるはずです。
いただいた参考資料の中には、デートDVについて、「もしかしたら、こんなことあったりしませんか?」のチェック項目があり、振り返ることができます。生徒からは、「やってみよう。」という声が聞かれました。
事後アンケートでは、「人の付き合い方を改めて考えることができた」、「友達や大人に相談することも大事だということが分かった」などという感想がありました。
最後に同課主任の中安英実様から、一人で悩まないで相談できる場所、24時間365日女性相談員が話を聞いてくれる「静岡県性暴力被害者センターSORA (S−Shizuoka(しずおか)・O−One‐Stop(ワンストップ)・R−Recovery(回復)・A−Assistance(支援))を紹介していただきました。
相談窓口に相談するところから、解決の一歩が始まります。「もしかしたら…」と思ったら、早めに信頼できる大人や相談機関に相談することが大切です。
 

2019sora1.jpg 2019sora2.jpg
2019sora3.jpg 2019sora4.jpg

 

 

前の記事  お知らせ一覧  次の記事

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434