お知らせ

絢爛のAnniversary「松風祭」ー文化祭ー

[お知らせ] 2019/11/02

10回目となる今年度のテーマは、「絢爛(けんらん)」。
このテーマは、「生徒一人ひとりが美しく華やかであって欲しい。」ということを願い、その達成を目標に掲げられたものです。期間中、たくさんの生徒が、放課後遅くまで居残り、話し合いを重ねながら看板制作や店舗装飾などをしてきました。
 11月1日(金)、第1目は校内発表です。
吹奏楽部の演奏でスタートを切り、続いて書道部によるパフォーマンス。そして、プレゼンテーションコンペティションによる各クラスの模擬店紹介、演劇部による発表と続きました。普段、見ることができない仲間の姿に歓声を上げながら、会場は、一気に文化祭ムードに包まれました。
11月2日(土)、第2日目は、一般公開です。
朝の全校集会で、「商業を学ぶ啓陽高校の文化祭を見ていただく」ことを全員で確認し、挨拶、服装、接客など全てにおいて、常に「お客様の気持ちを第一に考える」を心掛けようと気持ちを一つにしました。
3年生の「総合実践」では、名物タコせん、綿あめソーダ、ポップコーン、今や旬でブームな?タピオカドリンク、肉巻おにぎり、スペアリブ、フランクフルト、創作ラーメンなどの販売です。文化祭ではベテランとなる最年長学年とあって、店舗作りから調理、販売等に至るまで「おもてなしの心」を行き届かせ、いずれの店舗も大盛況でした。
2年生の「社会貢献」では、北海道や福島の物産販売を通じた復興支援をメインに、今回は、社会福祉施設から仕入れた物品販売に加え、パラリンピックで行う競技種目の紹介など、新しい取組があました。また、沖縄修学旅行を目前に控えていることから、当地特産品の販売なども行いました。国宝、首里城が焼け落ちるというショッキングなニュースがあったばかりで、首里城を紹介したディスプレイを前に悲しい気持ちになった人も多かったことと思います。21HRの企画、「北海道胆振東部地震への募金活動」では、皆様のご協力で7,239円を寄付できました。
1年生の「地域連携」では、今や本校名物となった「啓陽せんべい」を初めとする地元製菓企業と連携した浜松銘菓の販売です。松風祭初体験の1年生にとって店舗づくりで苦労する姿も見られましたが、お客様に楽しんでいただくという気持ちが、随所に見られました。カフェ、射的などのコーナーからは、家族づれの小さいお子様の喜ぶ声が、終日聞こえてきました。
 PTAの皆さんからは、恒例の餅つき、豚汁の振舞い、赤飯の販売をしていただきました。毎年楽しみにしているお客様が多く、長蛇の列ができる人気で、今年も早々になくなってしまいました。
 午後のメインは、有志によるパフォーマンスです。楽しい歌声、大迫力の太鼓、ダンス、ピアノ演奏で、体育館いっぱいの大盛り上がりでした。
 記念すべき10年、節目となった松風祭。期待どおりの天候に恵まれ、生徒の「心」にも、高校時代の大切な思い出の一つとなる豪華絢爛の「花」が咲いたことと思われます。
 

2019kenran1.jpg 2019kenran2.jpg
2019kenran3.jpg 2019kenran4.jpg
2019kenran5.jpg 2019kenran6.jpg
2019kenran7.jpg 2019kenran8.jpg
2019kenran9.jpg 2019kenran10.jpg
2019kenran11.jpg 2019kenran12.jpg
2019kenran13.jpg 2019kenran14.jpg
2019kenran15.jpg 2019kenran16.jpg
2019kenran17.jpg 2019kenran18.jpg
2019kenran19.jpg 2019kenran20.jpg

 

 

前の記事  お知らせ一覧  次の記事

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434