資格の魅力|資格資格の魅力|資格

難関資格に合格した啓陽生に「資格の魅力」について聞きました難関資格に合格した啓陽生に「資格の魅力」について聞きました

何種目の資格にチャレンジしましたか?

1、2年生では、10種目以上にチャレンジし、ほとんど取得(合格)しました。2年生では、全商協会主催の1級合格を中心に集中して取り組みました。3年生では、国家資格の基本情報技術者、ITパスポート、情報セキュリティマネジメントや日商簿記など難易度の高い資格に挑戦しています。

  • 全商協会・・・全国商業高等学校協会
  • 日商・・・日本商工会議所

資格取得で大変なことは?

受験級が上がるにつれて、基礎知識がきちんとしているかどうかが重要だと痛感しました。上位級取得のために、何度もその確認をしました。
また、問題の解き方などを知ったり、問題に慣れたりするだけではなく、受験級のレベルごとに種目全体の内容をつかんでおくことも大切です。

勉強方法にコツは?

学校全体で行っている検定直前の「特別補習」は、追い込みやモチベーションアップに役立っています。もちろん補習以外の、日々の勉強も大切です。過去問題を中心にできるだけたくさん問題を解き、わからないところは、そのままにしないですぐに先生に質問して解決しています。

目標にしている資格は?

国家資格の情報セキュリティマネジメント、基本情報技術者試験です。全商協会では「英語」1級で、これに合格していれば、全商協会の大学特別推薦で同志社、立命館大学など、難関大学への進学も視野に入れることができます。

Sクラスって?

クラス全体が勉強に集中できる雰囲気があります。検定の上位級に合格したいという意欲を持った人がたくさんいます。また、他のクラスに比べると学習レベルが高くて、授業の進み方も早いですが、どの先生も丁寧に教えてくれるので、授業はとても分かりやすいです。

「特進Sクラス」について

「資格」の勉強と部活動の両立は?

ワープロ部、情報処理部、簿記部、電卓部などは、部活動がそのまま検定試験の勉強になり、競技会に向けた練習にも繋がりました。

日検の資格や国家資格などは、顧問の先生が受験窓口になってくれるので、積極的にチャレンジしようという気持ちになりました。たくさんの資格に合格できたのは、部活動でも受験勉強ができたからだと思っています。

  • 日検・・日本情報処理検定協会

取得資格をどう活かしますか?

一番は、「進路」に役立てたいと思っています。資格にチャレンジして合格できると、その達成感が自信になり、努力の証明にもなります。
また、計画性や実践力、また、わからないところを先生や友達に教えてもらう中で身に付けたコミュニケーション力も、就職試験や大学受験に役立つと思っています。面接試験では、資格取得を通じて頑張ったことをアピールしたいと思っています。

色々なスタイルの高校生活があると思いますが、「資格取得」は、3年間を通した学習の目標になって、そのお蔭で充実した高校生活を送ることができています。
また、できるだけ2年生の内から上位級にチャレンジできるようにしたいですね。3年生になると、「進路」全体のことも気になって、気持ちに余裕がなくなります。

後輩へのアドバイス。一番の魅力は?

  • 誰でも商業(資格取得)は、「ゼロスタート!」です。スタートが一緒なので、わからないことがあっても、誰にも気軽に質問できるし、自分の努力次第で良い結果が得られます。人との競争ではなく、自分の中に目標が持てます。
  • とにかく「先生から教えられたことは、どんどん吸収しよう」という気持ちが大切です。充実した高校生活もそういう気持ちから送ることができています。
  • 1年生の内から、上位級取得を目標に計画を立ててチャレンジすれば、力試しの機会がたくさんあり、国家資格など、全商協会以外の資格へのチャレンジも広がってきます。
  • Sクラスでは、同じ目標を持って頑張る雰囲気があるので、「切磋琢磨」の言葉どおりの努力ができるので、おススメです。
学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 
〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS
 TEL 053-420-0431053-420-0431 FAX 053-420-0434
 Mail seitoku@keiyo.ed.jp