よくあるご質問よくあるご質問

よくある質問をピックアップ!
授業や学校生活の質問など、
これで啓陽高校のことはバッチリ!

「商業」の専門科目は、難しくないですか?

難しくありません!
「商業」の科目は、「ゼロ・スタート」です。
初歩から学んでいくので、心配はいりません。パソコンや電卓を使った実習授業もたくさんあって、楽しく学べます。

数学が苦手ですが、大丈夫ですか?

心配いりません。
「商業」では、たし算、ひき算、かけ算、わり算という「四則演算」が中心です。計算は主に電卓を使うので、桁数が多くても、早く簡単にできます。
また、本校オリジナル科目の「基礎数学A・B」では、「四則演算」など、中学校で学んだ数学の学び直しもできます。

数学の授業

どんな授業がありますか?カリキュラムの特徴は?

専門科目には、ビジネス、情報、会計など、幅広い分野の科目があります。
また、普通科目と専門科目を3対2の割合でバランスよく設けています。「商業」科目の中には、新しい商品の開発や広告制作などの実習授業もあって、楽しく学べます。

カリキュラムの詳細はこちら

パソコンが好きです。
パソコンを使った授業はありますか?

たくさんあります。
基本的なパソコンの使い方から始めます。ワードやエクセルの基本操作ができるようになると、実際のビジネスシーンで使えるところまでレベルを上げていきます。毎年、「情報処理検定」1級や「ITパスポート」、「情報セキュリティ」などの国家資格に合格する人も出ています。

パソコンを使った授業

「これこそ浜松啓陽高校だ!」と言える学校の自慢は?

目標を持って学べるというところです。
「資格の啓陽」と言われるように、ゼロ・スタートから始める「商業」に関する資格(検定)合格に向け、初級から上級までサポートできる体制があります。
もう一つは、穏やかで落ち着いた校風です。「いじめ」を絶対に許さない、明るく安心して学べる学校づくりをしています。

「資格の啓陽」

地震・津波など、防災・安全対策は?

心配ありません。
三方原台地の強固な地盤に堅牢な校舎を建てています。津波の心配もありません。
また、市街地と違って近隣に建物もなく、火災(延焼・類焼)の心配もいりません。
防災用品の備蓄も万全で、安全対策はバッチリです。

学生食堂は、ありますか?

あります。
全部で192席です。ラーメンやそばなどの麺類、カレー、丼類から、パン、フライドチキンなどの軽食…。安くておいしいメニューを揃えています。コロナ感染防止のため、シールドの設置や時差昼食(昼休み)の実施など、安全対策にも努めています。

食堂

教育相談室は、ありますか?

あります。
専門のカウンセラーが、生活、健康、人間関係など、様々な悩みごとの相談に親身に応えています。保護者の方の相談も受け付けています。

就職内定率100%は、どうしてできるのですか?

毎年、就職希望者の「就職達成率100%」を達成しています。
「就職に強い啓陽」として、1年次から計画的に「キャリア教育」に取り組み、望ましい職業観を育て、仕事を持って自立する力を付けていきます。
外部講師による進路ガイダンスやインターンシップ(職場体験)など、学校外での学習機会も積極的に活用し、生徒一人ひとりの持ち味が生かした職業選択ができるよう実践的なサポートをしています。
履歴書に記載した数々の「資格」は、「努力の証明」として採用試験でも高く評価されています。

職業体験

大学進学を希望しています。可能でしょうか。

もちろん可能です。
商業系の大学では、高校で取得した「資格」の種類やレベルを指定し、それを出願条件にしているところがあります。普通科高校と違って、「大学共通テスト」の結果や学習成績によらないため、日ごろの学習が「取得資格」という形になって、評価されるものです。過去には、明治大学、駒沢大学、神奈川大学、関西大学などへ進学しています。

生徒は、どんな方法で通学しますか?

約6割が自転車通学です。
掛川、袋井、磐田方面からは、JRと遠鉄バス、森、天竜方面からは、遠鉄電車(浜北駅)と遠鉄バスで通学しています。
また、学校で運行しているスクールバスもあり、三ヶ日・引佐方面からと庄内・舞阪方面から出ています。

バスの時刻表など詳しくはこちら

通学

先輩の出身中学は、どんなところですか?

令和3年度は浜松市内を中心に、東は掛川、北は春野、西は岡崎方面から72中学校の出身者が在籍しています。

合格するには、どんな勉強が必要ですか?

受験教科は、国語、数学、英語で、いずれも基礎的な学力を問うものです。面接試験の結果も重視し、目的意識を持って入学してほしいと思っています。

学校独自の奨学生制度は、ありますか?

あります。
大変充実しています。「学習・リーダー性・部活動」の3区分です。採用の基準はそれほど高いものではありません。国や県の支援金を含めると、公立高校よりも少ない負担で通学できる場合もあります。また、兄弟姉妹で在籍する場合、一定の基準により授業料の一部が減額されます。

JR電車とバスで通学したいのですが、交通費が心配です。

遠くから公共交通機関を利用して通学する場合、「遠距離通学費補助」という制度があり、交通費の一部を学校が負担します。令和2年度は、約90人がその適用を受けています。

特にゲンキな部活動は?

部活動は「もう一つの高校生活」として、大変重視しています。
軟式野球部は、これまで何度も県代表として東海大会へ進み、卓球部の躍進も顕著です。男子バレー部は、メキメキと力を付け、熱心な練習成果が期待されます。
令和2年、人工芝グラウンドを新設しました。サッカー部と陸上部の活躍が楽しみです。全天候型のテニスコートもあり、練習環境もバッチリです。
文化部も活発です。商業関係の情報処理、簿記、ワープロは県の競技会で東海大会へ進み、演劇部のレベルも高く、まとまりもよいです。

部活動の詳細はこちら

勉強と部活動の両立はできますか?

できます。
勉強と部活動の両立は、楽しく充実した高校生活の第一条件です。
就職希望者の多い本校では、資格取得をはじめとした学習を重視するとともに、健康の増進、心身の鍛錬、好ましい人間関係づくりに向けた力が育つよう、その両立に努めています。
検定試験の前後は勉強を優先し、全校態勢で臨んでいます。

部活動
学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 
〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS
 TEL 053-420-0431053-420-0431 FAX 053-420-0434
 Mail seitoku@keiyo.ed.jp